てつこはじと目でなにを見る?

おかしな家で育ったおかしな娘が書く読み物

【御礼3】

昨日はお恥ずかしい暗黒面を書いてしまい、大変失礼いたしました。

てつこは反省しております。

そしてブクマまでいただき誠にありがとうございます。

お一人お一人にご返信したいのですが、筆不精なので時間がかかりそうで、ここでまとめての御礼で申し訳ありません。

 

今回の件では先方に謝り倒して話をして、なんとか理解してもらいました。

唯一の心許せる人物を繋ぎとめることができ、少しほっとしたところです。

 

ただ、今回の件でてつこ自身の脆さを痛感しました。

てつこは上手く一匹狼ライフを満喫していた「つもり」だったこと、

過去の毒親からの影響から抜け出しつつあると「思っていた」こと、

これからに向けての明るい対策を立てられていた「つもり」だったこと、

全てがまだまだ甘かったなぁと思いました。

何より、

「見捨てられるかもしれない不安」

「孤独への大きな恐怖」

がてつこの心の中にすんごく存在していることに気付きました。

 

相手と対面するときまでの異常な緊張感と吐き気。

相手が「わかった」と言ってくれるまでの手の震え。

それらが物語っていました。

 

コメントいただいたように、てつこは何かマイナスなことがあると

どうしても毒親と結びつけてしまいます。

自らの生育環境への恨みつらみがまだ心に根付いています。

それをすぐに取り払うのは無理だろうから、徐々に距離を置けるようになりたいと

わんわん泣きながら思いました。

 

そして、もっと外への視野を持たないとなぁとも思いました。

例えば、趣味を持ったり、ペットを飼ったり、SNSで誰かと繋がったり…。

リアルな人間関係だと逆にストレスをためやすいてつこには、

これらが第一歩になるかもしれません。

と前々から自分で言いつつも、実現できていないところが反省点です。

 

Twitterやブログを今年始めて本当に良かったと今回の件で思いました。

もし恐怖を吐き出して、それを見てもらって、反応してもらえる場が無かったら・・・

自身の弱さを考えると少しぞっとします。

 

最近はより多くのアクセスもいただき、読者登録もいただき、

心から御礼申し上げます。

これからも皆様のブログを拝見し、色々勉強していきたいと思っています。

引き続きよろしくお願いいたします。

広告を非表示にする

因果応報、負の連鎖。

てつこは信頼していた人物から愛想をつかされてしまった。

ちょっとした失敗から、相手の信頼を失ってしまった。

 

先日から涙が止まらない。

泣いても泣いても出てきてしまう。

こうなると思考回路が停止してしまう。まともなことが考えられない。

気持ちが悪い。胃がキリキリと痛む。

 

親しい人間が少ないてつこにとって、その人物との縁が切れれば本当に一人になる。

 

ふと気付く。

ああ、てつこもてつ父&てつ母と同じ状況になっているな、と。

 

てつ父は友人を元々作らず、会社を辞め、国の保護を受け、独身で生活している。

てつ母も友人親戚とは縁が切れ、仕事もせず、独身で生活している。

てつばあとてつじいも、てつ母に振り回され、親戚にも相談できず、搾取される日々だった。

てつ家の登場人物は、いつもひとりぼっち。

 

てつこは会社に勤めてこそいるが、ひとりぼっち。

 

こんなにも、親や親友といった大事な後ろ盾がないのが厳しいことなのかと痛感する。

こんなにも、不安定で身寄りがない寂しさが辛いのかと痛感する。

 

てつこには何もない。

得てきたものも、自身が大切にしてきたことも。

上手く生活していると思っていたのに、そんなことなかったのだ。

ただ何も見えていなかっただけ。

親と同じになりたくないと、あんなにも子どもの頃から強く願っていたのに

何一つ実現できていなかった。

てつ父にもてつ母にも、逃げ込める場が無かった。

悪循環の原因はわかっていた。

なのに、てつこは自分自身にそれを生かせなかった。

何も学べていなかった。

 

手を差し伸べてくれた友人の、その手を払ったことを今後悔する。

ざまあみろと黒いてつこが罵る。

「一人でも大丈夫と一瞬でも思ったんだろ?なら一人で生きて見せろよ」

 

今ここで心が折れて仕事を休めば、てつこは社会との繋がりすら無くなる。

必死で鬱や幻聴妄想に立ち向かう。

「暗黒面」に落ちればもう戻ってこれない気がする。

それくらいとても辛い。

 

心が安定して穏やかに生活していた数日前が羨ましい。

またあんな日々に戻ってこれるのだろうか。

ただ、これからもこんなに辛い日が来るのであれば全てが嫌になってしまう、

そんな気持ちすら芽生え始めている。

 

てつ家の負の連鎖は断ち切れるのだろうか。

あさがくる

てつこは明け方目が覚めてしまった。

眠剤を飲んでぼーっとしてみる。

またてつ家の夢を見た。

霧の中「何かを」探し回る夢であった。「何か」はわからないが、てつ家に関することだった気がする。探し回って見つからなくて、はっと目が覚めた。

 

こんなことが以前もあったような・・・

 

そうだ、子どもの時だ。

夏休みや土日といった休日になると、てつこは明け方目が覚めることが多かった。

夫婦喧嘩でウルサイ中恐々と眠りにつくが、悲しいことに静かになった明け方になると自然と目が覚めてしまうのだ。

そんな時は静かな家の中を徘徊し、ベランダに出て、朝日を見る。

ただずっと外で夜が明ける瞬間を待っていた。

暑かろうと寒かろうと待っていた。

なんの感情も持たず「無」の境地。

余計なことは考えていなかった。ただ、待つ。

太陽が昇ってくるのをある程度見届けて部屋に戻る。(※良い子はサングラスした方がいいかもね!)

そして二度寝

 

あの時、なんであんなことをしていたんだろう。

当時ケータイもスマホも無いから、明け方時間を潰す方法なんてそんなに無かった。

それでも早朝覚醒してしまったら、必ず朝日を見に行った。

 

暗い空が薄紅色や明るい青色に変わり明るい太陽が出てくる様は

異様に神秘的だ。

当時のてつこはそこに惹かれていたのだろう。

 

朝が来る。

そのことを確認したかったのかもしれない。

自ら命を絶ちたい衝動や親を消したい衝動に駆られていた若かりしてつこは、

朝日を見ることで

「無事に一日を終え、これからまた一日を重ねる」

ことを視覚的に確認していたのだろう。

安心感というか無の境地というか、なんというか。

心のバランスを取るために無意識に行動していたのかもしれない。

 

 

今のてつこもまた然り。

バイオリズムとしては下降している感がある。

だからこんな時間に起きてしまったのだろう。

頭がふわふわする。

今日の日の出は何時かな。子どものてつこに見習って朝日を見てみようか。

朝が来て、一日がまた始まる。

ただそれだけ。

どんな意味を持たせるかは自分次第。

いい一日になるといいな。

広告を非表示にする

父へのレクイエム

てつこは疲れると、何故か夢にてつ父が出てくる。

つい先日もてつ父の夢を見た。

てつ家の車でホームセンターに出かけて

てつこは好きな物を買い、てつ父は「明日の朝食べるから」とパンを買った。

なんてことのない夢。

 

夢の中でてつ父は笑っていた。

「どれにしようかなぁ」とどのパンにするか悩み、てつこにたずね、微笑みかけた。

 

そうあってほしかった日常。

 

笑いに溢れていてほしかった日常。

 

そんな夢を見て、いつもどんよりとした気持ちで朝起き上がる。

何故こんな夢を見たのか。

何故今更こんなことを願うのか。

てつ父の夢に限らず、てつ家に関する夢を見た日はいつも気が重い。

一日分の疲れを背負って起き上がる感じ。

時には泣きながら起きることも未だにある。

 

 

てつ父は今生きているのだろうか。

数年前に生活保護を申請したという手紙が来た。

生活保護を申請すると、把握できる親族、とくに子どもには連絡が行くという。

多少でも援助できるかどうか、それを尋ねる内容の書面だ。

援助をする義務はなく、あくまでも任意である。

無理をして少額援助すると、生活保護の額がその分減らされてしまうとも聞いた。

それらを知っていたので驚きはしなかったが、多少動揺した。

あの父が。

てつ父が保護を。

 

てつこは援助を一切拒否した。

てつこの給料で定期的にてつ父を援助するのは不可能だった。

 

あれから連絡は何もない。

生きているのだろうか。元気なのだろうか。どんな家にいるのだろうか。

ずっと心に引っかかったまま。

でもお互いそれ以上のコンタクトは取らない。

それが、てつ父とてつこの関係性。

 

てつこは真面目にこう思う。

頑張って働くよ。

働いて税金はいくらでも納めるよ。

どうかこの税金のどこかの部分で、てつ父の援助になるのであれば、いくらでも。

今のてつこにできることはこんなもんだ。

てつ父一人の面倒も見れない、見る気もない娘だけれど、

感謝の気持ちと安泰を願う心は忘れちゃいない。

どうか、穏やかな余生を送ってほしい。

 

都合が良いのはわかっちゃいるが、こんな考えがやめられない。

広告を非表示にする

親の義務とは何たるか。~酔うと化け物になる父がつらい、を読んで~

先日カウンセリングの先生とてつ父の話をしていた時

「アルコール依存の人はみんな、周りへの依存性も高い。

 だからてつこさんは逃げて良かったのですよ。」

と言われた。このとき思わず

「みんな、ですか?!」

とてつこは聞き返してしまった。

なんで聞き返してしまったのだろう?自分の言動ながら心に引っかかっていた。

 

今日は菊池真理子さんの『酔うと化け物になる父がつらい』を読んだ。

chancro.jp

父親への複雑な感情、特に「尊敬できる父」として見れない現実と、それでも嫌いになれないし離れられない心情の葛藤に非常に共感した。

てつこ自身、てつ父が体調を崩して世話を焼いたこともあったが、一日でも長く生きて欲しい・ずっと一緒に生活したい、なんて微塵も思わなかった。

喋りかけても酔っぱらって目がイっちゃっているてつ父、

てつ母に蹴られて倒れるてつ父、

会社を無断欠勤して車で寝るてつ父、

色々な父の姿がある中でどうしても『尊敬』だけは遂に湧き出てこなかった。

 

なのに、なのに。

あんなてつ父がかわいそうだと思い涙が出る。

あんなてつ父にひどい仕打ちをしてしまったと自分を責める。

てつこの中で葛藤が止まらない。

 

てつ父はお金をかき集めて大学に行かせてくれた。

てつ父は毎日温かいお弁当を買ってきてくれた。

てつ父は休日にたまーに車で観光地に連れて行ってくれた。

てつ父は・・・。

 

 

でも、これって

親の義務なんだよね。

子を育てるための、親の務めなんだよね。

 

てつこの中にあるあったかい思い出、それって世間的に見れば当たり前のこと。

心の中の冷静な心がそう語り掛ける。

 

『本当の父親は、安心して暮らせる環境を提供してくれるんじゃないの』

 

先日のカウンセリングで聞き返してしまったのは、

てつこの中にある、てつ父をかばう心が反応したためかもしれない。

てつ父「も」周りの人や環境に依存して甘えてしまう・・・

そんなこと昔から知っていた。

けれども心の中でそれを否定したい自分がいる。

 

てつ母が悪ならば、てつ父は善。

そう考えたいてつこがいる。

でも善になろうとすることを、数々の苦い思い出が許さない。

 

しばらくは、いや下手したらてつこは死ぬまでこの複雑な思いを抱え続ける。

次に感情の波が発生するのは、てつ父の死去を知った時だろう。

(もしかしたら今既にこの世にいないかもしれない)

ただその時が来たとしても、てつ父とてつこの関係性は変わらない。

横たわる溝も苦い思い出も義務で育ててくれた現実も、全て変わらない。

それでも菊池さんの作品のように

あったかい思い出は心にそのまま取っておけるよう、

てつこは自分の心を大切にしながら毎日を過ごしていこうと思った。

鏡とかけまして、他人の心と解きます。そのこころは、はしたない奴ほど見ていません。

知人が言ったある一言が、てつこは今でも忘れられない。

『人は鏡だ。自分が嫌な顔をしたら相手も嫌な顔をする。

 自分と同じことを相手もする。』

なるほど確かに、と思った。

続けて知人はこうも言った。

『だから自分が嫌だなと思うことは相手にはしない。』

 

まだ毒親支配下だった若かりしてつこは‘はっ’とした。

そりゃあそうだ、と。

てつこ自身、顔色をうかがったりるものの

自分がされたら嫌なことは相手にしようと思わなかった。

それがごく普通の考え方。

てつこがはっとしたのは、てつ父とてつ母が「そうではない」こと。

特に毒親の見本のようなてつ母は、相手のテリトリーにずかずかと土足で踏み込んでくるような発言が多く、一方で自分が同じようなことを言われたら激怒した。

支配下のてつこは、20歳そこそこになりようやくてつ家の両親が「オカシイこと=普通のことが出来ていないこと」に気が付いたのだ。

 

それを今日読んだ田房永子さんのコミックエッセイで思い出したのだった。

いったん親のせいにしてみたら案外うまくいった|#7 不安を「まき散らさない」ということ

登場人物のエイコさんが母親から言われていた台詞、てつこもてつ母からよく聞かされたものばかりで笑った。

「毒母」という存在は他人の家であってもこんなにも似ているものなのか。

そしてエイコさんもてつこも、「やだこの人、恥ずかしい!」

「こいつ変な奴だ…」という感情から「オカシさ」に気付けたのだ。

そこにたどり着くには、歳を重ね、様々な人と出会った経験があったからこそだろう。

 

以前から感じていた。

他人とのコミュニケーションが極端に下手な人は、何が嫌がられるのかの判別がついていないらしい。

てつ父はまともに会社で働けなかった。真面目にできなかった。

てつ母は親戚や知人とはよく衝突し、文句を言い、自ら関係を絶った。

てつこの会社にいる‘ブルーマン’と呼ばれる嫌われ者のお局様も、物を投げるなどの問題行動が多く、上司が指摘しても治らない。

『比較』をする能力が驚くほど『皆無』。

社会の中で『恥ずかしい』という認識が無い人間ほど、その能力がない。

(最近ではそれを障害とする動きもあるが、その人々の多くには

 自覚があり悩みがある。少なくとも上記3人は自覚していないだろう。

 自覚していても悪意があるかのような、ただの面倒な人種なのである。)

 

このようなモンスターに出会ったら・・・

やっぱり避けるかやり過ごすしかないのだろう。

関わらないのが一番だ。

てつこは時々とてもひどいことを考える。

昔でいう姥捨て山のように、モンスターだけを隔離できれば普通の人は幸せになるのだろうか、と。

いや、そんなことはないだろう。

人間のする選別なんてろくなもんじゃない。

社会に生きる人間として、まずは生み出さないよう心がけることが血の通った考え方だろう。

だからこそ毒親の元に生まれた毒娘として、失敗も成功も教訓も、全てを他者に伝えてみることがちょっとした社会貢献になる・・・やもしれない・・・。

頭の中が常にアイドリング状態の自分。

てつこの得意技は無言で泣くこと。

怒られたり悲しかったりすると涙だけが出て言葉が出ない。

しくしくと泣くのがてつこ流。

 

先日カウンセリングでそんな話をしたところ、

「頭の中がアイドリング状態で色々考えている状態。だけど

 心は悲しいから涙が出る。頭と心がちぐはぐになっていているから

 涙が出るけど言葉が出てこないのだろう。だからすごく疲れる。」

と言われ腑に落ちた。

 

てつこの頭は常に『次の展開』を予想しようとして、

エンジンがかかっている状態。一応すぐ動こうとしているけれど、

実際身体はスタンバイ中。車でいう「アイドリング」中なのだ。

 

振り返ってみれば、てつこは予期せぬ出来事が苦手だ。

全て予期していないと落ち着かない。いわゆる'想定内`でないとダメ。

旅行は事前にバスや電車の時間を調べておかないと楽しめない。

仕事も予期せぬクレームとかは苦手。

料理でもこれを作ろう!と心構えをしておかないと失敗する。

きっとてつこは車の運転なんて超不向きであろう。

 

頭がいつもフル回転。

それは良い点もたくさんあるだろう。

けれども休日の昼に、明日の仕事の段取りを考えて、昼休憩に何をするか考えて、

夕方何時ごろに帰ろうか考えて、夕食は何を食べるか候補を考えて・・・

というのは確かにちょっと変態かもしれない。

そりゃあ疲れるのも当たり前ですよねぇとカウンセリングの先生と笑った。

てつ家の常日頃なる緊張感の後遺症がこんなところにも残っていたとは。

 

こうやって自分の癖を知る中で、断然「休む」ことが足りていなかったと反省する。

大雑把で適当な性格だと思っていたけれど、

案外真面目過ぎて手を抜いていない己がいた。

『自分のことって意外とわかってないもんだ』

と、てつこは痛感したのであった・・・。