てつこはじと目でなにを見る?

おかしな家で育ったおかしな娘が書く読み物

てつ父

酒が二人を取り持つならば、もっと早くに気付きたかった

てつ家の3人は基本酒が強い。 てつ母はワインが好きだった。 てつ父は焼酎が好きだった。 てつこは何でも好きだった(かつ現在進行形)。 中でもてつ父は強かった。 25度や30度の焼酎をそのまんま飲んだ。 1.8Lの大きな紙パックを小分けにして飲み始め…

てつこは星座早見表の使い方を覚えていない

てつこは小学校に上がる前から、子供用の学習教材でお勉強をしていた。 それなりに続いていたのは、勉強のテキストよりも付録が好きだったからだ。 簡易の顕微鏡や酸性・アルカリ性を実験するキット等々、 化学や生物っぽい付録が特に好きだった。 その内て…

パパの出社を見守る少女の、表と裏

小さいてつこには朝の日課があった てつ父の出社を見守ること。 玄関でバイバイをして、近くの駐車場からてつ父の乗った車が無事発車したかを窓から見る。 窓から車が見えなくなるまでバイバイした。 それはそれはとても心温まる風景 ・・・でてつ家は終わる…

身体の弱さ、心の脆さ、信頼の薄さ(2)

てつ母は体調が悪くなるにつれ、不思議な言動も増えていった お酒を飲んでいないのに朦朧としていたり、 「私は昔歌手だったのよ」と嘘のような話をするようになっていった。 いつも通り喧嘩をしていた夜のこと。 てつ母はまた朦朧とし始めた。そして突然、 …

てつ家の食卓(2)

てつこの良い所は好き嫌いがない所だ 基本、なんでも残さず食べる それが礼儀だと両親から学んだ てつこが小学校に上がってしばらくすると、 てつ母は料理をしなくなった。 代わりに、仕事帰りのてつ父がごはんを用意してくれるようになった。 元々手先の器…

てつ家の食卓(1)

jitomenotetsuko.hatenablog.com 昨晩書いてて、食べ物への想いが色々あることに気付いた。 てつこが小さい頃は、まだてつ母が手作りしていた。 てつ母はてつばあ譲りなのか料理はできた。 夏はホットプレートでお好み焼きも作ったし、 冬はてつこが好きなち…

見てはいけないものを見てしまった

トイレに入って疲れたなぁと溜息をつくと、ふと思い出すことがある てつこが小さかったある日のこと、 いつもの通り夫婦喧嘩が起きていた。 ひと段落したのか?てつ父は廊下を通りトイレに入った。 少し経ち、一人ぶつぶつと文句を言っている母も、廊下へ歩…

夫婦喧嘩は犬も食わない

てつこが小学校かそれ以前の頃。 目つきが鋭くなる少し前の頃。 夫婦喧嘩がまた始まった きっかけはさすがに覚えてない ヒステリックに怒り狂うてつ母、不服そうな目で小さな声だが反論するてつ父、 たぶん夕食はまだ始まっていない。 テレビを見ながら夕食…

縁を切って逃げ切るのに必要なエネルギー量を求めよ

てつこは両親と何年も会っていない。 携帯電話も変えたし連絡も取っていない。一人でひっそりと暮らしている。 てつこが成人してから、てつ父は会社を辞めた。 てつこが子どもの時から、てつ母は「色々」あって働けなかった。 そう、てつこの両親には収入が…

てつこはやせ細った男が嫌い、なせばらば。

てつ父は恐ろしいほどに 瘦せていた。 てつこ自身は結構太っていた。特に子供の頃。 てつ母と一緒に、3時のおやつにケーキをホールではんぶんこして食べて、 夜にてつ父の準備する夜ご飯を食べていた、そんな毎日だった。 てつ父は以前からごはんは食べなか…