てつこはじと目でなにを見る?

おかしな家で育ったおかしな娘が書く読み物

「死にたい」と口走る思考と「消えたい」と願う心

座間市で起きた9遺体事件のニュースの中で、犯人が「本当に死にたい人はいなかった」と供述していると知り、てつこはもやもやとした気分になっていた。 「本当に死にたい」かぁ… てつこは自分のことを振り返る。 そんな時期があり、そして今もそんなことを…

気が利く子どもは、是か?非か?

てつこは休日を利用し遠出した。温泉街や漁港をまわるプチ旅行だ。 そんな中、温泉施設で受付の順番待ちをしていると 目の前に中学1~2年くらいの女の子がいた。 その子は母親らしき女性とその親戚らしき団体と一緒にいた。 受付には親戚らしき団体がわらわ…

「あなたのためよ」の「あなた」はだぁれ?

headlines.yahoo.co.jp このレビューを見て重なるものがあった。 てつこが学校から帰ったある日、家の家具や家電に違和感を感じた。 あることに気付いてぎょっとした。 全ての物にてつこの名前シールが貼ってあるのだ。 テレビ、ステレオコンポ、たんす、食…

正攻法で突破できない時もある

てつこは電車に乗っていた。 ふと斜め前にいた男女二人組に目をやる。楽しそうに喋っていた。 また目を落としてスマホをいじる。 するとまたその二人の声が聞こえてきた。 男「確か…あの通りは〇〇通りっていう名前だった気がする」 女「え?そうなの?さっ…

人の嫌がることがわからない、それほど哀れなことはない

世の中には変わった人が時々いる。 変わった人と言えば聞こえはいいが、もっといえば嫌な人。 てつこの会社にお局様の女性がいる。 メイクが濃くてブルーマンと陰で呼ばれるお局様。 彼女は電話の受け答えはひどいわ、書類は投げて人に渡すわ、 「は?」「だ…

「青空」が持つ魅力と魔力

ここ数日全国的に天気が良い。 青空が広がり気持ちが良い。 …はずなのに、てつこは得体の知れぬむなしさを感じた。 なんだろう? 雨が続いていたせいか、仕事が忙しいせいか、何かのせいでナーバスになっていたのだろうか??急に晴れたことで気持ちが不安定…

腹が減ったら食えばいい。眠くなったら寝ればいい。泣きたくなったら泣けばいい。

数年前まで、一人家にこもって電気もつけずにただひたすら泣く日々だった。 きっかけはちょっとしたことだ。 会話していた相手が一瞬嫌な顔をした、何か気に障ることを言ってしまったのではないか。 仕事で軽いクレームを受けた。自分の人格を否定された感覚…

お腹が痛いよー…と思っていたら、意外なものが原因だった件。

実はつい先日まで数か月に渡り、お腹がゴロゴロしていた。 おっかしいーなー食欲あるしなー風邪なのかなーと、 去年体調崩した癖に余裕をかましていた。 ただ、数か月続くことに正直不安を覚えていた。 確かに最近体重が減った気がする…疲れがたまると貧血気…

親の人生のケツを持つなんて、まっぴらごめんだ!

人間不信の感が強いてつこの座右の銘の一つにこんなのがある。 『言い出しっぺが損をする』 である。 仕事で「こんなんどうっすかー」と言うと「じゃあお前がやれ」となる風潮。 いや、逆の立場だとてつこも相手に対して「じゃあおま(以下略」となるのだが…

走り続けてきて突然止まることの「難しさ」

てつこは最近カウンセリングに通い始めた。 ブログやツイッターを始めてもっと人の話やアドバイスを聞きたいと思ったのと、 自身が体調を大きく崩すようになり心身に不安を感じたのと、 両方がきっかけだった。 そう思えるようになったのは、てつこ自身に少…

【御礼2】

いつもご覧いただきありがとうございます。 お初のかた、初めまして。 こちらはてつこの記憶や感情を書き出すために始めたブログです。 アクセスが2000を超え、さまざまな方にコメントやブクマをいただけるまでに 成長できました。本当にありがとうござ…

雨の日から読み解く今昔物語

全国的に最近ずっと雨。 以前は雨の日はとても憂鬱だった。 子どもの頃は雨の日だとどこにも行かないので、一日中てつ家の3人で家にいた。 遅く起きるてつことてつ父、徹夜でネットをしているてつ母。 昼近くにてつ父はモスバーガーを買いに行き、むさぼる…

少年よ、恋心を抱け。本能の赴くままに相手を捉えよ。

つい先日、友人と飲む機会があったてつこ。 夜中まで飲んだくれて、だらだらとしょうもない愚痴を言い合う。 気の合う友人としか飲まないてつこにとってお互い好き放題喋り倒す。 そんな中、友人は「もういやだよぉぉぉ」と嘆き始めた。 友人「特に最近、嫌…

去年、伝染性単核球症で入院した話。

このブログを始めようとてつこが思ったのは、去年の入院が一つのきっかけだった。 土曜日から始まった。喉が若干痛かった。 日曜日。食べ物を飲みこむのも痛くなった。 月曜日。普通に出社したが相変わらず喉が痛い。唾を飲むのも痛くなってきた。 会社を早…

常日頃の緊張感と疲労感はフツーじゃないと知った衝撃

てつこは常にだるい。だるい故のジト目か。それはさておき。 平日会社では必要以上に仕事を引き受けバタバタしている。 休日は掃除やら料理やらでバタバタしている。 毎晩、翌日やること・やりたいことを頭の中で整理しては脳みそが疲れて眠る。しかし中途覚…

ヘタレの上司に需要はあるのか?

・・・掲題の件につきまして ・・・結論として 需要は無い! というのが世間の本音。そしててつこの本音。 仕事をする。 その上での目標や夢って何だろう? それともこの歳で‘夢’なんて言うのは恥ずかしことなんだろうか? ともかく漫画やドラマみたいに 「…

黒いワンピースと失われたファッションセンス

衣替えをしていると、てつ家から持ってきたTシャツや短パンが出てきた。 もう10年以上前のもの。だが何着も同じものを買うてつ母のおかげでまだ未使用だ。 勿体なくて、てつ家を出るときに少し持ってきたのだ。 てつ母は良いと思った物を何個も何着も買い込…

お弁当からにじみ出る思春期女子の憂鬱

今週のお題「お弁当」 「お弁当」の文字を見て、てつこは学生時代を思い出した。 確かあれは中学の頃、ゆみちゃんという女子がクラスにいた。 若干どころか結構浮いている子であった。 いつも口をぽかーんと開けてぼんやりと外を見ていた。 他人とあまり交わ…

会社の研修で、生い立ち語るのやめません?

ここ数日リクルートスーツの若い人が多いなぁと思っていたら、 そうか内定式だったのか、とてつこは合点がいった。 以前から思っていたが、新人研修やら節目の研修やらで 自分の生い立ちを振り返らせたり家族を語らせたりするやつ、勘弁してほしい。 てつこ…

てつこは一人で生きていく。その心は…私にりょうしんはありません。

今週のお題「読書の秋」 てつこは本を読むのが苦手だ。どうにも集中できない。かと言って、電車の中やちょっとした休憩時間で読む、なんてこともできない。 それでも読みたいと思って買ったのが、 マーサ・スタウトの「良心をもたない人たち」(草思社文庫)…

「置いてけぼり」にされることへの異常な恐怖感

以前、山で置いてけぼりにされた子どものニュースがあった。 言うことを聞かなかったため一瞬の躾だったのか、真意はわからないが両親に山の中で一人にされて、親がその場に戻ってきたときにはその子は行方不明。 数日後無事発見された、というもの。 そのニ…

「どっちでもいい」と「どっちかにしなきゃ」のハザマで悩む悪循環

てつこは大学の卒業論文で『生きづらさ』を取り上げた。 LGTBQの人たちにインタビューしてどんな生きづらさを抱えているのか、 そしててつこ自身が抱えて考えている『生きづらさ』と照らし合わせてどう差異があるのか検討する内容であった。 てつこ自身の結…

己のこころが「痛い!」と叫ぶまで。

てつこへの手紙にもあったように、どうやらてつこは「鈍感」らしい。 jitomenotetsuko.hatenablog.com 自分の頑張りや疲れに鈍くて、すぐ身体に出てしまうタイプ。 そうだ。 過去に2回、身体と心を酷使して悲鳴を上げたことがあったじゃないか。 jitomenote…

あなたがわたしにくれたモノ。

最近ずーっとてつこの頭の中を巡り巡っているフレーズがある。 『あなたがわたしにくれたもの』 というフレーズ。 そんな歌があったなぁ。JITTERIN'JINNのプレゼントという曲。 あのメロディにのせて、このフレーズがずーっと頭を回っている。。。 何故突然…

男ものの服を着て、己の女性性を隠そうとした若かりし日々のこと。

てつこは『げんしけん』という漫画を読んだことがある。 漫画やアニメのオタクたちが集まる大学サークルのお話。 その中に『荻上さん』という女の子が出てくるのだが、てつこはこの荻上さんに激しく惹かれ、関心をもった。 彼女は男もののトレーナーやシャツ…

身体が弱い、心が弱い、と自分を責めるあなたへ

拝啓 秋の気配を感じる頃、いかがお過ごしでしょうか。少々雨の日が多いですね。 お加減いかがですか。 月に数日は体調を崩されているようですね。 お腹を壊したり風邪をひいたり喉を傷めたり・・・。 先日は胃腸炎になったとお聞きしました。さぞ辛かったで…

他人を頼るって、どういうこと???

てつこが大学生だった頃、仲の良かったゼミの先生によく言われた。 「お前は真面目過ぎる」 当時はそんなことないっすよーえっへっへ、と笑って聞いていた。 そしててつこが就職した後、昔も今もよく言われる。 「てつこさんは頑張り過ぎ」 大学の頃と同じよ…

夢で逢えたら。

また最近、てつこは悪夢を見て明け方目が覚めてしまうようになってきた。 落ち着いていたはずの統合失調症のせいなのか、そのための薬の副作用なのかはわからない。 ただ頻度は増えてきて、嫌な感じ。 統合失調症の症状がひどいときは毎晩中途覚醒しまくって…

てつこが考える、教育ママのNGワードは『そんなことも分からないのか!』

小さいてつこを着飾らせて、借金しながら買い物しまくって、 近所の人からの『目』を異常に気にするてつ母。 案の定、てつこへの教育にも熱心だった。 幼稚園のてつこは、習い事の王道はほぼ制覇した。 ピアノ、英語教室、水泳教室、空手(合気道?もはや覚…

物を買い漁った先に、彼女は何を求めたのか。

てつ母はかわいらしい女の子らしい洋服やグッズが好きだった。 てつこの髪の毛をかわいらしく縛り、 フリフリでメルヘンな洋服を着せ、 赤やピンクのエナメルのピカピカな靴を履かせた。 てつこはそんな洋服大嫌いだったが、言えなかった。 言うとてつ母は泣…